食べ物がトイレつまりの原因に?油やラーメンがNGな理由と対処法

2024/05/29

2024/05/29

この記事では、食べ物を流すとトイレつまりが発生する理由についてまとめています。

トイレには本来トイレットペーパーや便を流しますが、中にはトイレに食べ物を流して処分しようと考える人もいます。

食べ物をトイレに流すのはトイレつまりにも大きく関わってくる行為で、注意しなければなりません。

トイレつまりの原因として多く見られる食べ物や、代表的な対処法について紹介するため、トイレつまり時の参考にしてください。

今週の
No.1 おすすめ優良業者!!

水廻り修理サポートセンター

【水道局指定工事店だから安心!】トイレの水漏れ・つまりなど水トラブルに最短30分で駆けつけます。もちろん〈出張費用・見積もり費用無料!〉大阪をはじめ関東/東海/近畿など幅広いエリアに対応。お困りの際はお気軽にご相談下さい!

詳細を見る

食べ物はトイレつまり発生の大きな原因

食べ物はトイレつまり発生の大きな原因

本来食べ物はトイレに流すべきではありませんが、トイレに流されるケースが実は少なくなりません。

「臭いのきつい残飯があるけどゴミ出しの日が遠い」「少量の食べ残しだから流して問題ないだろう」、このような考えのもとで食べ物をトイレに流す人が多いのです。

しかし、トイレは食べ物を流す想定では当然作られていないため、流してしまうとトイレつまりを発生させる大きな原因になります

排水口部分で引っかかったり、仮に流れても途中の排水管に汚れを付着させて今後トイレつまりが起こりやすくなるなど、食べ物を流すことはトイレにとってデメリットでしかありません。

トイレつまりのリスクを下げて安全に使い続けるためにも、食べ物をトイレに流さないよう注意してください。

油が便器に付着するのは特に厄介

食べ物には油が含まれているものも多いですが、油は水に溶けにくく固まりやすい性質があります。

トイレに流してしまうと流れ切らず排水口や排水管に付着して、それが原因でトイレットペーパー等が引っかかりやすくなりつまりが発生しやすくなるのです。

汚れの付着は便器や排水管の劣化も早めるため、油は絶対にトイレへと流さないようにしましょう

トイレつまりの原因に多い食べ物

トイレつまりの原因に多い食べ物

トイレつまりの原因としてよく見られる食べ物を、つまりやすい理由とあわせて紹介します。

どんな食べ物でもトイレに流すことはおすすめしませんが、特に以下の食べ物はつまる可能性が高いため絶対にやめておきましょう。

ラーメン

トイレをつまらせる食べ物の代表格とも言えるのがラーメンです。

カップラーメンを食べた後などに残ったスープの処分が面倒となり、トイレに流した経験がある方も実際にいるのではないでしょうか。

ラーメンのスープは油分を含んでおり便器や排水管に付着しやすいのはもちろん、麺が残っている場合は絡まって流れない可能性も高く、トイレットペーパーなどが引っかかることで深刻なつまりにも発展しかねません

トイレはもちろん、キッチンの排水口に流すのもつまりや悪臭の原因になるためNGです。

新聞紙やキッチンペーパーに吸わせて、一般ゴミとして安全に処分しましょう。

お弁当

お弁当の食べ残しなどをトイレに流して、トイレつまりを引き起こすケースも多いです。

揚げ物の油分や絡まりやすい麺類、排水管の汚れに引っかかりやすいご飯粒など、お弁当の食べ残しにはトイレつまりの原因となりうる要素がたくさんあります

流すだけで手軽に処分できると感じる方も多いですが、自宅のトイレはもちろんのこと、会社や外出先のトイレでも食べ残しは流さないようにしましょう。

ガムや飴などのお菓子類

噛んでいる途中のガムや、飲みこむ前の飴をトイレに流す人もいますが、これらもトイレつまりを起こしやすいです。

ガムや飴はその粘度の高さから、サビや汚れが付着している箇所にも引っかかりやすく、これにトイレットペーパーなどが巻き込まれることでトイレつまりへと発展します。

特にガムは水に溶けにくい物質で、放置していてもつまりが悪化する一方のため、誤って流してしまった場合は早急に除去しましょう。

生ゴミ

食べ残しはもちろん、調理時にできた肉や魚の切れ端、野菜くずなどの生ゴミをトイレに流すこともつまりの原因になります。

肉や魚の骨は水にも溶けづらく、一度引っかかってしまうと自然解消は難しいです。

トイレに流さず、可燃ゴミとして適切な処分を心がけましょう

食べ物でトイレつまりが起きた場合の対処法

食べ物でトイレつまりが起きた場合の対処法

食べ物を流してトイレつまりが起きた場合の対処法をいくつか紹介します。

トイレつまりは目視でも確認できる排水口部分か、排水管奥深くのどちらかで起こっているため、発生箇所によっても効果的な対処法は変わります

つまりが起きた箇所に応じて、適切な方法を選択してください。

食べ物はしばらく水に浸されるとほぐれるものも多いため、これらを除去するのに向いている対処法に絞って解説します。

ラバーカップを使用する

ラバーカップを使用する

トイレつまりを解消する道具として、手軽に入手できるのがラバーカップ(すっぽん)です。

先端のカップを便器に密着させて強く引っ張ることで、水圧を利用してつまりの原因を吸い出せます。

食べ物が原因の軽度なつまりであれば、ラバーカップで除去できる可能性も高いです。

具体的な利用手順は以下の通りです。

  1. 便器の排水口部分に向かって、ラバーカップ先端のカップをゆっくりと押し込む
  2. 力を入れて一気に引き出して、つまりの原因を取り除く
  3. つまりが取れるまで、1と2の手順を数回繰り返す
  4. つまりが除去できたら水を流して、つまり解消を確認する

ラバーカップの利用時には、効率よく圧力を加えるために便器内の水位を先端のカップが浸かる高さにまで調整しましょう。

便器に密着させる時はゆっくり、引き出す時は力を込めるのがつまりを除去するコツです。

動作は6回程度繰り返すことで、食べ物の軽度なつまりであれば解消されます。

真空式パイプクリーナーを使用する

真空式パイプクリーナーを使用する

ラバーカップと似た原理でつまりを解消できる道具が、真空式パイプクリーナーです。

ラバーカップよりも加えられる圧力が強く、効率よくつまりを解消できます

具体的な利用手順は以下の通りです。

  1. ハンドルを落とした状態で、先端のカップを便器の底にゆっくりと押し付ける
  2. ハンドルを強く引き上げて、再度ハンドルを押し下げる
  3. つまりが取れるまで、1と2の手順を数回繰り返す
  4. つまりが除去できたら水を流して、つまり解消を確認する

真空式パイプクリーナーもラバーカップと同様、効率的に圧力を加えるために便器内の水量は調整しましょう。

食品用ラップを使用する

食品用ラップを使用する

トイレつまり専用の道具を持っていなくても、食品用ラップがあればトイレつまりを解消できる場合があります。

便器に巻きつけて適切な手順を踏むことで内部に圧力を加えられて、食べ物による軽度なつまりを除去できます。

具体的な利用手順は以下の通りです。

  1. フタと便座を上げて、ラップを便器に何重にも隙間なく巻きつける
  2. 水洗レバーを引いて水を流して、ラップの中央を膨らませる
  3. 膨らんだラップの中心を指でゆっくりと押し込む・離すを繰り返す
  4. 水を流して、つまり解消を確認する

圧力を十分に加えるために、ラップは便器に隙間なく巻きつけましょう。

破れないよう、強度も考えて10周程度巻くのがベストです。

押し込む際は指の腹を使って、ピンと張ったラップに穴を開けないように注意してください。

ワイヤーブラシを使用する

ワイヤーブラシを使用する

金属の細長いワイヤーに、らせん状のヘッドブラシと持ち手のハンドルが取り付けられた道具がワイヤーブラシです。

排水口や排水管でつまった異物を除去できる道具で、しつこくこびりついた食べ物を削り取るのにも効果的です。

つまった食べ物の間にも通せる細さのため、ワイヤーブラシを所有している方は一度試してみることをおすすめします。

具体的な利用手順は以下の通りです。

  1. ワイヤーブラシを伸ばして先端を排水口に入れる
  2. つまりに当たるまでワイヤーブラシを進めていく
  3. つまりに当たったら、ハンドルを回してつまりを削り取る
  4. つまりが削り取れたら、水を流してつまり解消を確認する

用意するワイヤーの長さは3m〜5m程度が望ましいです。

短すぎると奥深くまで入らず、長すぎると奥に進みすぎてワイヤー自身がつまってしまう恐れがあるため、適度な長さのものを使用しましょう。

針金ハンガーを加工して使用する

針金ハンガーを加工して使用する

使っていない針金ハンガーがあれば、加工してトイレつまりの道具にできます。

ハンガーの加工は以下の手順で実施してください。

  1. ハンガーの二股に分かれた部分をペンチでカットする
  2. 切り取った針金の先端を、数字の9の形に整える

つまりに引っ掛けて削り取りやすくするために、9の形に整えます。

綺麗に輪っかを作れると、削り取るだけでなく食べ物を引っ掛けて除去することも可能になります。

スムーズに作業ができるように、輪っかは排水口よりも少し小さめを目安に作ってください

加工したハンガーの具体的な利用手順は以下の通りです。

  1. 先端を排水口に入れて、つまり部分まで進めたらハンガーを動かして削り取る
  2. つまりが削り取れたら、水を流してつまり解消を確認する

ハンガーを使用する際は、奥に入れすぎて取り出せなくならないよう慎重に作業してください。

事前に9の形に整えていても、激しく動かし続けていると変形して便器や排水管を傷つける恐れもあるため、ゆっくり焦らずに動かしましょう。

手で直接取り除く

排水口部分につまりの原因が見えている場合は、ゴム手袋を装着した手で直接取り除くのもひとつの方法です。

水に浸かってほぐれた食べ物は手でも掴みやすくなっているため、手っ取り早く除去したい場合には試してみてください。

作業時はゴム手袋はもちろん、便器に触れそうな部位にはラップを巻くなどして衛生対策を施しておきましょう。

トイレつまりの可能性がある症状

トイレつまりの可能性がある症状

トイレつまりは、必ずしもつまりの原因を目視で確認できるわけではありません。

奥深くで異物が引っかかっていれば、知らない間にトイレつまりが少しずつ悪化していきます

これを放置してしまうと、漏水などの二次被害へと発展する恐れもあるのです。

以下のような症状が起こっていれば、トイレつまりを疑って調べてみることをおすすめします。

水位が通常よりも高い・低い

便器内の水位が通常よりも高い、もしくは低い場合はトイレつまりが起きているかもしれません

水位が通常より高い症状は、水洗レバーを引いて流した水がスムーズに排水されないために発生します。

通常より低くなるのは、トイレットペーパーなど吸水性の高いものがつまることで便器内の水を吸収するためです。

食べ物を流したことが原因で、以降に流したトイレットペーパーがつまる可能性も十分に考えられるため、水位に異常があればトイレつまりを疑いましょう。

便器から悪臭が広がっている

トイレつまりが起きていると、便器から異臭がするケースもあります。

これは、便器内に常時溜まるはずの封水がつまりの原因によって吸収されて、下水からの悪臭拡散を抑えきれなくなるためです。

封水切れは悪臭の原因となるだけでなく、害虫発生による衛生環境の悪化も招きます。

便器から悪臭がする時は水位を確認して、通常より明らかに低くなっている、もしくは封水がまったくない場合は早急に対処にあたりましょう。

水が排水されない

水洗レバーを引いて水を流しても排水されない場合は、排水口や奥の排水管でつまりが発生しています。

このままではトイレを利用できないだけでなく、便器から漏水して床や壁を汚す恐れもあります。

漏水するほどの深刻な事態となった場合は、急ぎ水道修理業者を呼んで対処してもらいましょう

業者に依頼する場合は、難しいトイレつまりでも適切に修理してくれる水道局指定工事店を選ぶことが大切です。

各地域に対応した水道修理業者は数多く存在するため、工事の質が低く法外な料金を請求してくる悪徳業者を選ばないように注意が必要です。

水道局指定工事店のおすすめ業者については、こちらの記事を参考にしてください。

食べ物で起きたトイレつまりは「水廻り修理サポートセンター」が解決!

食べ物で起きたトイレつまりは「水廻り修理サポートセンター」が解決します!

食べ物で起きたトイレつまりは「水廻り修理サポートセンター」におまかせください。

あらゆる原因のトイレつまりに対応可能、食べ物によるつまりも迅速に除去して排水管の汚れ清掃まで実施します。

水道局指定工事店として難しい工事が可能なのはもちろん、料金体系も明確で安全な取引を保証します。

急なトラブルでも24時間365日依頼を受付中のため、困った時はいつでもご連絡ください。

水まわりに関するご相談も、いつでもお待ちしております。

>>>水廻り修理サポートセンターへの無料お見積りはこちら!

>>>トイレつまり・漏水など緊急対応が必要なときはお電話でご相談ください。