トイレの水が止まらない!原因と自分でできる修理・直し方

2023/04/26

2024/02/22

この記事では、トイレの水が止まらなくなった場合の対処法を紹介します。

トイレの水を流したものの一向に止まる気配がなければ、便器から溢れ出すことによる漏水や水道代が心配になります。

水が止まらない時は自分でできる応急処置方法を実践してみましょう。

原因と修理方法をまとめて解説するため、水が止まらなくなった場合の参考にしてください。

今週の
No.1 おすすめ優良業者!!

水廻り修理サポートセンター

【水道局指定工事店だから安心!】トイレの水漏れ・つまりなど水トラブルに最短30分で駆けつけます。もちろん〈出張費用・見積もり費用無料!〉大阪をはじめ関東/東海/近畿など幅広いエリアに対応。お困りの際はお気軽にご相談下さい!

詳細を見る

トイレの水が止まらないときにまずやるべきこと

トイレの水を流した後、いつまで経っても水が止まらず流れっぱなし…。

今すぐ溢れる様子はなくとも、水が止まらなければ水道代もかかるし慌ててしまいます。

まずは水が止まらない緊急時の対処法について解説します。

止水栓を閉める

止水栓を閉める

水が止まらない時、はじめにすべきなのは「水を止める」ことです。

ひとまずトイレへの水道の供給をストップさせれば、トイレの水を止めることは可能です。

多くの場合、トイレ内には「止水栓」と呼ばれる装置がついていますので、ひとまず止水栓を閉めてトイレタンクへの水の共有を止めてしまいましょう。

止水栓はトイレの壁からトイレタンクにつながる給水管の途中についていることが多いです。

また住宅によっては、床に取り付けられている場合もあります。(床給水)

一文字のくぼみがあるタイプはマイナスドライバーなどを使用して閉め、レバーがあるタイプはそのまま回し閉めて水を止めましょう。

温水洗浄便座の電源プラグを抜く

温水洗浄便座が付いているトイレの場合は、すぐに電源プラグを抜いて電源を落としましょう

トイレの水が止まらない場合、電源プラグが挿さったままにしていると感電や故障につながります。

抜いた電源プラグは先端が濡れないようビニールなどで覆って、応急処置が終わるまで安全な場所に置いておきます。

この時、濡れた手で電源プラグに触れると感電する恐れもあるため、自身の手もしっかり水気を拭き取った状態で作業してください。

トイレの水が止まらない箇所ごとの原因

トイレの水が止まらない箇所ごとの原因

トイレの水が止まらない原因は、あらゆる箇所で考えられます。

それぞれの箇所ごとの原因を以下にまとめたため、原因特定のための参考にしてください。

トイレタンク内の水が止まらない

トイレタンク内の水位が通常よりも低くなっていると、一定量の水が溜まるまでいつまでも給水が続くことになり水が止まりません。

この水位が低くなる症状は、主にフロートバルブの故障やチェーンの絡まり、浮き球が外れているといった現象で引き起こされます。

また、トイレタンク内への給水が止まらない場合に水を便器へ排水する役割を持つオーバーフロー管の故障も考えられます。

水が止まらない原因としてトイレタンクの不調がもっとも多く挙げられるため、不調時はまずトイレタンクを確認してみましょう。

トイレタンク内に原因があるときの修理方法はこちら!

便器内にずっと水が流れ込む

トイレを流した時、便器内にずっと水が流れ続ける場合はこちらもトイレタンクの不調が原因の可能性が高いです。

便器内に流す水の量を制御する役割を持つフロートバルブが、トイレタンク内部で劣化や破損している場合に引き起こされます。

手洗い管の水が止まらない

トイレタンク上にある手洗い管の水が止まらない場合も、水が正常な水位まで溜まらないことが原因です。

内部にあるフロートバルブ等の部品が劣化・故障しているため、対策を施す必要があります。

タンクレストイレの水が止まらない

近年はタンクレストイレも人気ですが、電動タンクレストイレの場合は内部の基盤が故障することで水の制御が効かず止まらなくなる恐れがあります。

この場合は自身での修理はもちろん、水道修理業者による修理も困難であるため、トイレの販売元であるメーカーに問い合わせて専門的な修理を受けなければなりません。

タンクレストイレは電気系統の不備によって故障しやすいため、普段の利用時から慎重に扱うことが大切です。

トイレタンク内の水が止まらない原因と修理方法

トイレタンク内の水が止まらない原因と修理方法

トイレの水が止まらない原因の多くは、トイレタンク内にある部品の劣化や不調、故障によるものです。

一般的な水栓トイレの場合、10年ほどでタンク内の部品が劣化し、何らかの不具合を起こすことがあるとされています。

ひとまず止水栓を閉めて水を止め、タンク内の水を排出した状態で確認しましょう。

修理するために必要な道具は以下の通りです。

  • ラジオペンチ
  • モンキーレンチ
  • マイナスドライバー

モンキーレンチはご自宅にない場合もあるかもしれませんが、ナットを回すために必須となります。

これ以外にも、床やトイレを汚さないために新聞紙や雑巾などを複数用意しておくと便利です。

トイレタンク内の修理を行う場合、いずれも止水栓を閉めた後にレバーを倒して、タンク内の水をすべて排出しておきましょう。

チェーンが絡まっている・切れている

便器に水を流すために引くレバーですが、トイレタンク内のチェーンが絡まったり切れていると、レバーが戻らなかったり空回りして水がタンクに溜まり続けてしまいます

チェーンが絡まっている場合は手動で元に戻せば解決ですが、切れている場合は以下の手順で新しいチェーンを取り付けます。

〇チェーンの交換方法

  1. レバー内側の接続部、そしてフロートバルブ側に取り付けられたチェーンをどちらも外す
  2. 新しいチェーンをフロートバルブ、レバーハンドルの順で取り付け直す(この時チェーンは多少たわむ程度の長さに調節)
  3. 水の流れが止まっていることを確認する

浮き玉が外れてしまっている

浮き球が根元から折れてしまったり、外れてしまったりしている場合には、正常な水位を判断できなくなるため水も止まらなくなります。

浮き球に明らかな故障や劣化がみられる場合には、浮き球の交換や再取付けを行うことで改善されます。

〇浮き球の交換方法

  1. トイレタンクのふたを持ち上げて、手洗い管と補助水管を取り外す
  2. ボールタップと浮き玉の接続部にあるナットを緩めて浮き玉を取り外す
  3. 交換用の浮き玉を取り付けて、接続部のナットを締め直す
  4. 交換した浮き玉がアーム部分を動かして上下に動くか確認する
  5. 止水栓を開けて給水した時、水位上昇とともに浮き玉が浮くか確認する
  6. 問題がなければ手洗い管・補助水管を元の位置に戻してトイレタンクのふたを閉める

ボールタップや部品(フロートバルブ)・パッキンの劣化

ボールタップや部品(フロートバルブ)・パッキンの劣化

ちょろちょろと水が流れて止まらない場合には、トイレタンク内のボールタップの劣化や故障が考えられます。

トイレタンク内にあるフロート管と呼ばれる縦長のホースの上部まで水が上がっている場合は、ボールタップのパッキンが劣化していることが多いです。

〇ボールタップ交換方法

  1. トイレタンクのふたを持ち上げて、手洗い管と補助水管を取り外す
  2. ボールタップと給水管接続部のナットを緩めて給水管を取り外す
  3. ボールタップとタンクの接続部のナットも同様に緩めて、ボールタップを取り外す
  4. 新しいボールタップを、接続部にパッキンを取り付けてからナットで固定する
  5. 外した給水管・手洗い管・補助水管を元に戻す
  6. 止水栓を開けて水の流れが止まっているかを確認する

オーバーフロー管の故障

オーバーフロー管が折れてしまっている場合には、正常な水位を測れないため交換が必要です。

オーバーフロー管はトイレメーカーによって種類や形状が異なるため、交換時は注意しましょう。

〇オーバーフロー菅の交換方法

  1. トイレタンクのふたを持ち上げて、タンクと給水管の接続部のナットを緩めてトイレタンクを取り外す
  2. 底にあるオーバーフロー管を、根本部分を回して取り外す
  3. 新しいオーバーフロー管を差し込んで、根本部分を回して強く締める
  4. トイレタンクを元に戻して止水栓を開けて、水位が正しく調整されるかを確認する

フロートバルブや排水弁の不調

トイレタンク内の水を便器へと送り込む際の、二の役割を果たすフロートバルブや排水弁。

このパーツが劣化し、隙間が空いてしまっている場合にも、水がちょろちょろと流れ込んでしまいます

〇フロートバルブの交換方法

  1. トイレタンクのふたを持ち上げて、フロートバルブに取り付けられたチェーンを外す
  2. オーバーフロー管に固定されているフロートバルブを取り外して、新しいものを取り付ける
  3. トイレのレバーにチェーンを引っ掛けて、新しいフロートバルブにつなげる
  4. 交換後は止水栓を開けて、レバーを回して水が流れる・止まるかの動作を確認する

トイレの水が止まらないときはプロの水道修理業者に相談!

トイレの水が止まらないときはプロの水道修理業者に相談!

自身で応急処置を施しても水が止まらない、もしくは修理できる状況でなく困っている場合はプロの水道修理業者にすぐ相談しましょう。

軽度の症状であれば自分で応急処置して解決する場合ももちろんありますが、業者への依頼には以下のメリットがあるためおすすめです。

短時間でトイレ修理ができる

水道修理業者はトイレに関するトラブルを何度も解決した豊富な実績を持っています。

そのため原因特定から修理完了までの作業が非常にスムーズで、短時間でトイレを直してもらえるのが特徴です。

トイレは頻繁に利用するため、短時間で解決してくれた方が大いに助かります。

自身で修理する場合は原因特定にも時間がかかり、また必要な道具がない場合は揃える手間も発生するため、修理業者を呼んで迅速に解決してもらいましょう。

適切な処置ができる

高い技術力を持つ水道修理業者は、問題に対して恒久的な対策を施してくれます。

適切に処置ができなければ同じ箇所でまた問題が発生して、その度の修理で時間もコストも浪費してしまいます。

水道局指定工事店のように技術力が認められている業者であれば、適切に処置してくれるため安心です。

交換部品も用意してもらえる

自身で修理するといっても、部品交換の作業では新しい部品の用意が必須です。

その際、サイズや規格が正しい部品であるかは購入時によく確認しなければなりません。

部品購入のコストや手間がかかり、手に入れたのに応急処置ができなければ非常にもったいない結果となります。

水道修理業者に依頼すると修理に必要な交換部品もすべて用意してもらえるため、こちらが準備に動く必要がありません。

トイレの水が止まらない!修理の費用相場

トイレの水が止まらない!修理の費用相場

水道修理業者にトイレの水漏れ修理を依頼した場合の、費用の目安は以下の通りです。

トイレ漏水の修理作業料金の相場

修理内容 修理費用(作業費)相場
パッキン交換・調整作業 5,000円~15,000円
タンク内修理・部品交換 8,000円〜15,000円
タンクの脱着・部品交換 15,000円〜30,000円
ウォシュレット修理・部品交換 15,000円〜25,000円
洋式便器交換 25,000円~50,000円

上記の費用は、あくまでも修理にかかる作業料金です。

パッキンやタンク内のパーツの交換が必要となる場合には、部品代がさらに加算されるため注意が必要です。

このほかにも、業者によっては「基本料金」や「出張費」、時間外割増料金などが必要となることもあります。

諸経費の相場

諸経費 料金相場
基本料金 2,000円~4,000円
出張費 無料~4,000円
見積もり費用 無料~3,000円
時間外料金 3,000円~10,000円
作業料金 2,000円〜5,000円
処分費
※部品交換の場合
3,000円〜10,000円

料金面が不安な場合には、出張見積もりが無料で利用できる業者に相談することをおすすめします。

可能であれば1社だけでなく、何社か相見積もりを依頼しておけば、作業内容や費用の比較もできて安心です。

トイレの水が止まらない時は「水廻り修理サポートセンター」へ!

トイレの水が止まらない時は「水廻り修理サポートセンター」へ!

トイレの水が止まらなくてお困りなら「水廻り修理サポートセンター」までご連絡をお待ちしています。

水道局指定工事店としてトイレ修理の実績が豊富で、水が止まらなくなった原因をすぐさま特定、迅速な解決にあたります。

早朝や深夜に起きたトラブルでも24時間365日対応、対応エリアには最短30分で駆け付けてスピード修理が可能です。

どの時間帯であっても作業に追加費用はかからず、出張費・見積もり費も無料です。

相場に見合う適正価格で水まわりのトラブルを解消するため、何かあればいつでもご相談ください。

>>>水廻り修理サポートセンターへの無料お見積りはこちら!

>>>トイレ漏水など緊急対応が必要なときはお電話でご相談ください。

トイレの水が止まらないときのよくある質問

トイレの水が止まらないのを放置するのはよくないですか?
水が止まらないトイレは使用しても大丈夫ですか?
トイレの水が止まらない時はまず何をするべきですか?