ワイヤーブラシでのトイレつまり解消法!排水管の異物は取り出せる?

2024/05/09

2024/05/09

本記事では、トイレつまりに効果がある「ワイヤーブラシ」について、詳しく解説しています。

トイレつまりは、急に発生します。

万が一に備えて、つまりが解消できる道具を用意しておくと安心です。

トイレつまりが解消できる道具の一つである「ワイヤーブラシ」は、さまざまな原因に効果があります。

今回は、ワイヤーブラシの使用方法や選び方、代用できる道具についても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

今週の
No.1 おすすめ優良業者!!

水廻り修理サポートセンター

【水道局指定工事店だから安心!】トイレの水漏れ・つまりなど水トラブルに最短30分で駆けつけます。もちろん〈出張費用・見積もり費用無料!〉大阪をはじめ関東/東海/近畿など幅広いエリアに対応。お困りの際はお気軽にご相談下さい!

詳細を見る

トイレつまりを解消できる「ワイヤーブラシ」

トイレつまりを解消できるワイヤーブラシとは?

トイレ用のワイヤーブラシとは、排水管の汚れやつまりを取り除く掃除道具のことです。

「パイプクリーナー」「トイレクリーナー」と呼ばれることもあります。

ワイヤーブラシは、ワイヤーの先端にブラシがあり、持ち手部分にはハンドルがついています

トイレの排水管は便器の奥を通っており、細く長い形状のため、通常の掃除用ブラシは届きません。

しかし、ワイヤーブラシなら細長いため、排水管の奥の方まで到達できます。

ワイヤーブラシは便器からゆっくりと差し込み、つまりの原因となっているかたまりをほぐしていきます。

また、つまりにひっかけて、取り出すことも可能です。

なお、家庭用と業務用があり、長さや仕様は異なります。

一般的に、業務用の方が、家庭用よりもワイヤーが長い作となっています。

また、電動タイプも存在しますが、一般的なトイレつまりには、家庭用の手動ワイヤーブラシで十分です。

ワイヤーブラシで直せるトイレつまりの原因

ワイヤーブラシで直せるトイレつまりの原因とは

基本的には、水に溶けるものがつまっている場合、ワイヤーブラシでつまりを直せることがあります。

具体的には、以下のようなものが挙げられます。

  • トイレットペーパー
  • 排泄物
  • 水に溶ける掃除シート
  • 嘔吐物

これらのかたまりにワイヤーブラシを当て、削り取ることで、つまりを取り除きます。

嘔吐物は水に溶けるものではありませんが、ワイヤーブラシでほぐせることもあります。

細かくなった嘔吐物は、ごみとして処分しましょう。

また、生理用品やおむつ、ティッシュペーパーなどは、削ってほぐすことはできません。

つまりにワイヤーブラシを引っ掛けて、取り出しましょう

ワイヤーブラシでは直せないトイレつまりの原因

ワイヤーブラシでは直せないトイレつまりの原因とは

つまりの原因が水に溶けず、重量があるものの場合、ワイヤーブラシでは解消できません

具体的には以下のようなものが挙げられます。

  • 尿石
  • スマホやおもちゃなど
  • 猫砂

排水管に固くこびりついた汚れや、ワイヤーブラシで引っ掛けられないものがつまっている場合は、水道修理業者に依頼しましょう。

夜中でも対応できるおすすめ水道修理業者はこちら!

ワイヤーブラシでのトイレつまり解消法

ワイヤーブラシでトイレつまりを解消しよう

ワイヤーブラシを使う方法について紹介します。

ここでは、準備するものと、具体的な使い方を詳しく解説します。

準備するもの

ワイヤーブラシを使う際には、以下の道具を用意しておきましょう。

  • ワイヤーブラシ
  • 汚れてもよい服
  • ゴム手袋
  • 多めのタオル
  • バケツ

ワイヤーブラシを使うと、便器内の水が跳ねる可能性もあるため、汚れても構わない服に着替えましょう。

また、こぼれた水をすぐに拭き取れるよう、多めのタオルも必要です。

ワイヤーブラシの使い方

ワイヤーブラシでトイレつまりを解消する手順は、以下のとおりです。

  1. ワイヤーの先を、ゆっくりと便器へ挿入する
  2. つまりに当たったら、ワイヤーブラシのハンドルを回す
  3. 上下左右に動かして、つまりをほぐしていく
  4. ゴボゴボと水が流れたら、バケツに入れた水をゆっくりと流し込む

つまりを排水管から引き抜きたい場合は、ブラシの先端へひっかけるように動かしてください。

なお、ワイヤーブラシは硬い素材でできているため、無理に押し込んだり動かしたりしないようにしましょう

便器は陶器でできているため、傷つける恐れがあります。

つまりを少しずつほぐしていくように、優しく動かすことが重要です。

ワイヤーブラシの購入先

ワイヤーブラシの購入先

ワイヤーブラシは、どこで購入できるのでしょうか。

実店舗とオンラインショップで購入する際のメリット・デメリットも合わせて紹介します。

ホームセンター

ワイヤーブラシは、街のホームセンターで購入できます。一般的に、トイレの清掃用品売り場で販売されています。

ホームセンターで購入するメリットとデメリットは以下のとおりです。

【メリット】

  • 実物を確認してから購入できる
  • 店舗独自のポイントがつくことがある

【デメリット】

  • 店舗へ直接足を運ぶ必要がある
  • 商品の種類が少ない店舗もある

トイレが突然つまった場合、ホームセンターに行けば、すぐにワイヤーブラシが手に入るため、非常に便利な購入先だと言えます。

オンラインショッピングサイト

オンラインショッピングサイトでも、ワイヤーブラシは購入できます。

楽天やYahoo!などのショッピングモールサイトや、メーカーのホームページから、直接購入できることもあります。

オンラインショッピングサイトで購入するメリットとデメリットは、以下のとおりです。

【メリット】

  • 外出しなくても注文できる
  • 商品の種類が豊富

【デメリット】

  • 商品が届くまでに時間がかかる
  • 購入の判断材料は、写真や商品紹介(現物は確認できない)

中には、翌日配送に対応しているオンラインショッピングサイトもあり、数時間で届くこともあります。

ワイヤーブラシの選び方

ワイヤーブラシの選び方

ワイヤーブラシには、さまざまな種類があり、状況や目的に合わせて選ぶ必要があります。

ここでは、ワイヤーブラシ選びのポイントについて紹介します。

使用目的に合わせて選ぶ

使用する目的に合わせてワイヤーブラシを選びましょう。

ワイヤーブラシには、ワイヤーの長さ、強度、太さなどの違いがあります。

トイレのつまりを解消するには、適切な長さのワイヤーブラシを選ぶ必要があります。

家庭用のトイレなら、5m程度の長さがあれば十分でしょう。

トイレ用の商品を選ぶ

トイレのつまりに対応しているワイヤーブラシを選びましょう。

「ワイヤーブラシ」と書かれている商品には、ガスコンロの掃除用やサビ落としに使われるものもあります。

一般的に、DIYで使われるものは、トイレつまりを解消することはできません。

トイレや排水管用以外のワイヤーブラシは、金属性の剛毛が使われているため、便器を傷つける可能性があります。

店頭で実物を確認できる場合は問題ありませんが、オンラインで購入する際は注意が必要です。

商品名だけでなく、必ず写真で用途や素材などを確認してから購入するようにしましょう。

ワイヤーブラシの保管方法

ワイヤーブラシの保管方法

次回も使用に備えて、使い終わった後のワイヤーブラシは、適切に保管しましょう。

ワイヤーブラシは鋼で作られていることが多く、水分に触れたまま放置すると、サビる恐れがあります。

汚れが付着している場合は中性洗剤で洗い、水分をタオルや布巾でよく拭き取ったあと、しっかりと乾燥させます。

その後、サビ止めスプレーを吹きかけておけば、より安心です。

ワイヤーブラシ以外のトイレつまりに効果的な道具

ワイヤーブラシ以外でトイレつまりに効果的な道具

ワイヤーブラシ以外にも、トイレつまりを解消できる道具があります。

ここでは、具体的な道具や使い方、注意点について解説します。

ただし、今回紹介する道具は、水に溶けるものがつまっている場合のみです。

水に溶けないものがつまっている場合は、症状を悪化させたり便器を破損させたりする恐れがあるため、使用しないでください。

ラバーカップ(スッポン)

ラバーカップは柄の先に、お椀型のゴム製カップが装着された、トイレつまりを解消するための掃除道具です。

「スッポン」と呼ばれることもあります。

ラバーカップの吸引力により水を動かすことで、つまりの原因となっているかたまりをほぐし、水が流れるようにする仕組みです。

ラバーカップの使い方

使用方法は以下のとおりです。

  1. 便器の排水口にラバーカップを押し付ける
  2. 勢いよく引き上げる
  3. 1と2を繰り返す
  4. 水が流れ始めたら、バケツから水をゆっくりと注ぎ入れる。

なお、ラバーカップには、和式トイレ用と洋式トイレ用の2種類があります。

自宅のトイレの形状に合わないタイプを使うと、便器に密着できず、効果が得られない可能性もあります。

購入する際は、自宅のトイレの形に合わせて選びましょう。

針金ハンガー

針金ハンガーは、肩の部分をカットして、9の字に成形したものを使います。

成形した針金ハンガーは、ほどよい固さがあり、つまりを直接ほぐすのに効果的です。

針金ハンガーの加工・使い方

針金ハンガーを使って、トイレつまりを解消する手順は以下のとおりです。

  1. 輪っかの部分を便器に向かってゆっくりと挿入する
  2. つまりに当たったら、小刻みに動かす
  3. ゴボゴボと水の流れる音が聞こえたら、バケツに入れた水を少しずつ流し込む

なお、針金ハンガーはビニールでコーティングされていますが、激しく動かすと便器を傷つける原因となります。

トイレつまりで使用する際は、優しく小刻みに動かすようにしてください。

上下左右に動かすとほぐれやすくなります。

真空式パイプクリーナー

真空式パイプクリーナーとは、強い吸引力でつまりの原因を取り除く清掃道具のことです。

ラバーカップと同じような仕組みですが、真空パイプクリーナーの方がより強力です。

トイレだけでなく、洗面所やキッチンの排水管のつまりにも使えます。

真空ポンプ・真空パイプクリーナーの使い方

真空式パイプクリーナーでトイレつまりを解消する手順は、以下のとおりです。

  1. カップを便器にしっかりと密着させる
  2. レバーをゆっくりと押し込む
  3. レバーを勢いよく引き上げる
  4. 2と3を繰り返す
  5. 水が流れたら、バケツに入れた水を少量ずつ流し込む

排水管にあるつまりを便器の方へ引き寄せるためにも、勢いよく引き上げてください。

ワイヤーブラシでもトイレつまりが解消できない場合は業者に依頼しよう

ワイヤーブラシを使ってもつまりが解消できない場合は業者に依頼しよう

ワイヤーブラシは、トイレつまりに効果的な道具です。

しかし、状況によっては正しい使用方法でも、つまりが解消できないこともあります。

そのような場合は水道修理業者に依頼しましょう。

水道修理業者へ依頼すると、費用はかかりますが、以下のようなメリットがあります。

  • 短時間で修理できる
  • 根本的な解決ができる
  • 同じ原因の再発を防げる

 

しかし、中には悪徳業者もいるため、優良業者を見極める目が必要です。

業者を選ぶ際には「水道局指定工事店」であるかをチェックしましょう。

水道局指定工事店とは、適切な排水設備工事ができると、自治体から認定された業者のことです。

認定されるには一定の要件を満たす必要があり、どの業者でもなれるわけではありません。

そのため、業者選びにおいて重視したい重要なポイントです。

トイレつまりのおすすめ業者や、選び方の基準についてはこちらの記事でも紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

トイレのつまり修理を業者に依頼した際の費用目安

トイレのつまり修理を業者に依頼した際の費用目安

トイレつまりで業者に依頼した際の費用目安は、以下のとおりです。

修理内容 料金相場
簡易作業 6,000円
専用器具を使ったつまり取り作業 10,000円
つまり修理に伴う便器の取り外し作業 30,000円
汚水桝(排水桝)や排水管の清掃 20,000円~40,000円

この他にも、以下のような諸経費がかかります。

諸経費 料金相場
基本料金 2,000円~4,000円
出張費 無料~4,000円
見積もり費用 無料~3,000円
時間外料金 3,000円~10,000円
作業料金 2,000円〜5,000円
処分費
※部品交換の場合
3,000円〜10,000円

トイレつまりのトラブルなら水廻り修理サポートセンターへ!

トイレつまりのトラブルなら水廻り修理サポートセンターへ!

トイレつまりを解消できるワイヤーブラシ。

いざというときのために、1本備えておくと安心です。

ワイヤーブラシを使ってもつまりが取れなかったり、使用方法に不安がある方は、「水廻り修理サポートセンター」までご連絡ください。

トイレつまりのプロが迅速に駆けつけ、対応いたします。

出張費や見積もり費用はかからないため、相見積もりを取りたい方も安心してご利用いただけます。

深夜や休日でも対応いたしますので、トイレつまりでお困りの際は、お気軽にご相談ください。

>>>水廻り修理サポートセンターへの無料お見積もりはこちら!

>>>トイレつまり・漏水など緊急対応が必要なときはお電話でご相談ください。